ホーム(都道府県の選択)栃木県の神社にもどる

瀧尾高徳水神社(栃木県日光市山内)

作成日 平成29年4月29日
よみ  たきのおたかとくすい じんじゃ 地理院地図
参拝日  平成28年8月11日(木)
所在地  日光市山内 (北緯36度45分54.52秒 東経139度35分38.68秒)
 地図:地理院地図  いつもNAVI
HP  当社HP内滝尾高徳水神社
祭神  罔象女大神 (みづはのめのおおかみ)
由緒  奈良県吉野郡東吉野村「丹生川上神社」の御分霊で、昭和54年に藤原町高徳の鬼怒川沿いに造営した。その後、道路拡幅の為に平成10年に、この滝尾の地に遷座された。
瀧尾高徳水神社由来
この社は、奥吉野(奈良県吉野郡東吉野村)の水の宗社 丹生川上神社の御祭神罔象女神(みづはのめのかみ)の御分霊を祀り、天照大神の姉君として水に関する一切の御神徳を授けられた神であります。
この社は、ときの栃木県知事 横川信夫氏により昭和五十二年十一月二十六日県内藤原町高徳に創建されましたが、県道拡幅のため平成十年六月二十七日この地に遷座され災害防止・開運の神としても嵩敬されています。
なお、二荒山神社HPには「昭和54年に藤原町高徳の鬼怒川沿いに造営した」としてゐる。
雑記  本社から北ないし北北西に0.8km、神橋からは北北西へ1.5kmの所にある。
 稲荷川の洪水の危険性を考えればふ、さわしい所に鎮座頂いたと思ふ。

写真





inserted by FC2 system