ホーム(都道府県の選択)埼玉県の神社にもどる

仙波東照宮(埼玉県川越市小仙波)

作成日 平成29年5月27日
よみ  せんばとうしょうぐう 地理院地図
参拝日  平成28年9月3日(土)
所在地  川越市小仙波町1-21-1 (北緯35度54分59.19秒 東経139度29分21.61秒)
 地図:地理院地図  いつもNAVI
HP等  埼玉県神社庁 仙波東照宮  Wikipedia:仙波東照宮  川越八幡宮HP内仙波東照宮
祭神  徳川家康公
由緒  喜多院第27世住職天海僧正が徳川初代将軍家康公を祀ったもの。現社殿は、川越大火(寛永15年,1640)で社殿焼失後、寛永17年に再建されたもの。明治の神仏分離令により喜多院の管理を離れた。
雑記  川越線川越駅から北西へ1.1km、喜多院のすぐ南にある。

 「仙波東照宮」の石碑(昭和十一年)、「修理記念」の石碑(昭和五十三年)があった。修理自体はそれ以前に何度も行はれてゐるやうだ。碑には創立の経緯が記されてゐるが、上記のHP等に記されてゐるので、転記はやめた。
 社殿への階段を登ると柵があつて、拝殿前までは進めなかつた。

 売店(元は社務所か?)は閉つてゐたが、御朱印を授与する旨張紙があつた。喜多院でお参りした際に、東照宮の御朱印について伺つたが管理外で判らないとの事。なお、この文書を書くに当つて、川越八幡宮で授与してゐるのが判つた。

写真

中央の建物は随身門。


拝殿

嚴島神社(仙波東照宮葵庭園内)

パノラマ撮影


inserted by FC2 system