ホーム神奈川県鎌倉市

熊野神社 (神奈川県鎌倉市手広)

参拝日 令和4年3月24日(木)
作成日 令和5年1月8日(日)
追記日 令和6年2月7日(水)
よみ  くまのじんじゃ
概要  当社(熊野神社)は鎌倉市手広に鎮座する。創立年は不明だが、慶安元年(1648)ほかの棟札があり、時の領主が社殿を修理してゐるのがわかる。  
所在地  鎌倉市手広(てびろ) 5-1-1
  (35度19分34.99秒 139度30分25.83秒)
 地図:地理院地図(ズームレベル15)
    マピオン(ズームレベル15)  
地図  参拝当時の地図です。最新の地図は所在地欄のリンク先をご覧下さい。
地理院地図、東西 59km×南北 55km の範囲の地図です
・東西59km 南北55km
印:当社位置


地理院地図、東西 1.13km×南北 0.94km の範囲の地図です
・東西 1.13 km × 南北 0.94 km、
印:本殿の位置
    
HP等  神奈川県神社庁 神社情報 熊野神社
祭神  伊弉冉命 ( いざなみのみこと )
 事解男神 ( ことさかのおのかみ )
 速玉男神 ( はやたまおのかみ )
由緒  境内に由緒等の掲示はなかった。尚、向拝に祭神の掲示はあった。

 『神奈川県神社誌』(昭和57年)には次の様に載ってゐる(1)
由緒沿革 当社の古文書は、別当宝積院の廃寺により散逸したため、創立年月は詳らかでないが、神社所蔵の棟札によれば、慶安元年(一六四八)領主・大岡美濃守、次で万治元年(一六五八)領主・大岡隼人正忠高の慈母、更に天明八年(一七八八)領主・大岡亀之丞等が社殿を修営している。武家の尊崇が篤かった古社である。

 『新編相模国風土記稿』には次の様に載ってゐる(2)
熊野社 村ノ鎮守トス。例祭九月。宝積院持。下同シ。
雑記  最寄駅は湘南モノレールの西鎌倉駅で、当社から南(196度)へ0.8kmの所にある。

 別当だった宝積院は、風土記稿には、青蓮寺の所に「支院 宝積院(手広山薬王寺ト号ス)本尊は薬師ナリ」と載ってゐる。青蓮寺は当社から南東へ0.2km程の所にある。

 狛犬の奉納者「丸志園芸」をGoogle検索したがヒットしなかった。五十年を経た今、存続は如何に。 

 賽銭箱は箱の書によると「日本地所西ヶ谷住宅地 有志一同 日本地所株式会社」が昭和五十一年十二月吉日に寄贈してゐる。西ヶ谷住宅地は今の手広5丁目にある団地のことだらうか。鎌倉では「谷」は「やつ」と読む例が多いと云ふ。「西ヶ谷」は「やつ」なのか「たに」或は「や」と読むのか判らない。地名は振仮名が必須だ。

写 真  (拡大写真は新しいタブ又はウインドウで開きます)
写真1 写真1 拡大 (1280×960)
 社頭
 鳥居の柱には「平成二十一年十一月吉月」とある。境内の一隅には鳥居の柱と思われる円柱の石があったが半分埋ってゐたこともあってか文字は見えなかった。

写真2 写真2 拡大 (1280×960)
 参道
 狛犬は「創業十周年記念 丸志園芸 島村謙吉 昭和四十八年十一月吉日」と刻まれてゐる。

写真3 写真3 拡大 (1280×960)
 社殿正面

写真4 写真4 拡大 (1280×960)
 斜め前から見た社殿

写真5 写真5 拡大 (1280×960)
 拝殿内

写真6 写真6 拡大 (1280×960)
 石祠
 社殿に貼られた掲示には「社殿右側の祠には天照大御神などを祀っております」と記されてゐる。

写真7 写真7 拡大 (1280×960)
 社殿前から鳥居方を望む


出典・脚注
  1. 『神奈川県神社誌』神奈川県神社庁編 昭和57年(1982) p.206
  2. 『新編相模国風土記稿』 巻之百五 手広村の条 (同書は天保12年(1841)完成。鳥跡蟹行社刊(明17-21)の活字翻刻本を引用。漢字は現在当用の字体に置換へた)

改訂記録
  • 令和06.02.07 ページ内の配置変更(スマホでの閲覧に配慮)。神社庁web神社情報のリンク修正。概要欄作成と記入。

文頭へ移動

inserted by FC2 system