神社訪問記HP神奈川県小田原市

寺山神社(神奈川県小田原市根府川)

参拝日 平成26年10月18日(土)
作成日 平成27年11月3日(火)
追記日 令和6年6月20日(木)
よみ  てらやまじんじゃ  
所在地  小田原市根府川95-1 (北緯35度12分8.85秒 東経139度8分12.33秒)
 地図:地理院地図  いつもNAVI  
地 図  参拝当時の地図です。 (最新の地図は所在地欄のリンク先をご覧下さい。)
地理院地図、東西 1.13km×南北 0.84km の範囲の地図です
・東西 1.13 km × 南北 0.84 km、
印:本殿の位置
HP等  神奈川県神社庁 神社情報 寺山神社
祭 神  武甕槌命 ( たけみかずちのみこと )
由 緒  案内板には次のやうにある(横書き)。
寺山神社  神社の草創は不明であり、古くは寺山権現と言われていたが明治初年寺山神社と改称した。
 祭神は武甕槌命であり、浅間神社、山神社の2社を鎮座している。
 例大祭は7月15日であったが、近年7月の第3日曜日となった。毎年、この日鹿島踊りが御輿の宮出、宮入の際に奉納されている。
 往古からこの地根府川は、通称「根府川石」の産地として知られており、これに関連する業として石船(石材運搬船)があり、 これに関わる人たちが多いことから、海や船、航海に関係のある鹿島信仰が定着し、鹿島踊りも伝えられたものであろう。しかも 鹿島踊りは村に入ってくる悪疫その他を退散させる効果のある踊り故、村の若い衆によって伝承されてきた。
 踊りは、男子青年によってのみおこなわれるのが特徴であるが、近年後継者の育成を図るため少年も参加してる。
 舞態円舞と方舞の組合せであり、人数は5行5列25人が定型である。踊りはまず太鼓、鉦、三役の順序で斉庭に現われて、 左回りの大きく演習を描いて一巡し、静止して弥勒歌をうたい、終って円舞・方舞を2度繰り返す。踊りは全部歌が付き、衣装は警個と 歌上げを除き白丁を着る白張浄衣で、平礼鳥帽子をかぶり白足袋、白緒の草履をはく。
 なお寺山神社の鹿島踊りは、神奈川県無形民俗文化財に指定されている。(神奈川県教育委員編ふるさとの文化財より一部引用)

 皇紀二千六百年奉祝碑がある。玉垣を奉納したとあり、少し小さな字で次のやうにあった。、
而シテ建碑ニ際シ當社ノ變遷ヲモ併セ誌ス祭神武甕槌命ハ天孫降臨ニ際シ先立ツテ葦原ノ中ツ國ニ降リ諸神ヲ 鎮撫シ給ヒシ國土平定ニ功アリシ神ニシテ神社創立年代ハ古ク風土記ニ村ノ鎮守ナリトアリテ元根府川二百四十一番地ニ 在リ然ル處東海道(熱海)線工事開始ノトキ大正九年五月現地ニ遷シマツル其ノタメ未曾有ノ関東大震災ノ厄ヲ免レ 惨害激甚ナリシ區民ノ復興ニ神助ヲ垂レ給ヘルナリ
 昭和十五年七月十五日  寺山神社々掌 村上冨二書
雑 記  ─

写 真  (拡大写真は新しいタブ又はウインドウで開きます)

写真1


写真2


写真3・4


写真5  境内社(姥社・天王社)


出典・脚注
  1.  ─

改訂記録
  • 令和06.06.20 ページ内の配置変更(スマホでの閲覧に配慮)。 写真に番号を附した。 神社庁web神社情報のリンク修正。

文頭へ移動  ホーム(神社訪問記)
inserted by FC2 system