ホーム(都道府県の選択)神奈川県の神社にもどる

星川杉山神社(横浜市保土ケ谷区星川)

作成日 平成28年5月20日
よみ  すぎやまじんじゃ 地理院地図
参拝日  平成27年5月30日(土)
所在地  横浜市保土ケ谷区星川 1-19-1 (北緯35度27分24.54秒 東経139度35分24.87秒)
 地図:地理院地図  いつもNAVI
HP  神奈川県神社庁 神社詳細 杉山神社  杉山神社HP
祭神  日本武尊 ( やまとたけるのみこと )
由緒  境内案内板のがある。一部を転記すると、
◎杉山神社のいわれ
 東にはるか上総の山々、西に霊峰富士をのぞむ神の丘に鎮まります当社が初めて国史上にあらわれるのは、『続日本後紀』です。その承和五年 (838年)の二月の条に「武蔵国都筑郡枌(杉)山神」が霊験あらたかなるをもって官社に列せられたとあり、同十五年(848年)五月の条には 「武蔵国牙位枌(杉)山神」が従五位下を奉授されたとあります。
 さらに降って、『江戸名所図会』に「新町より八町あまり北の方下星川村にあり、延喜式内(えんぎしきない)の神社にして云々」とあるように 「延喜式」神名帳に武蔵国四十四座の中に「都筑郡一座(小社)」と記載されており、多摩川以南、都筑・橘樹・久良木三郡において唯一の 式内社との伝承が古くより語り継がれております。
 御祭神日本武尊は、三種の神器草薙の剣の神話にもあるように強い意志と決断力の御神格があり、この剣が知恵のことをあらわすことから出世・ 開運祈願・厄除及び商売繁盛・縁結び・交通安全・金運に恵まれるとの御神徳が伝えられ、人々は幾世代にもわたりその御神助を祈ってまいりました。

◎御神門の三本杉
 古来より、神の御心は、神託、神符などで人々に伝えられておりましたが、やがて神の御心は具体的な形でも伝えられるようになりました。 それが神紋といわれるものです。
 当社の神紋は、社名の通り天に高くそびえる杉の紋で、三本杉はうっそうとした神聖な森を表わしております。
 特に、杉の枝は安産の御守りや魔除にされたほか、杉の脂は火傷や吹出物などの塗り薬に使用され、杉の樹木そのものは、屋敷の宅神、 商売繁盛の福の神として広く信仰されております。
 また、屋久杉・神代杉に見られるように長寿のシンボルとして樹木の崇拝の中心的存在であり、全国的に見ても杉を神木とする神社が数多くあります。
雑記  相鉄線星川駅から西ないし西南西へ0.5kmのところにある。星川駅の北東側すぐに帷子川が南東へ流れてゐる。そこから当社へは 登り坂で、比高54メートルある。
 当社の後背はマンションが建ち並んでゐる。住居表示は「明神台」となってゐる。「明神さま」という別称もあるやうなので、 地名になってゐるのだらうか。



inserted by FC2 system