ホーム(都道府県の選択)

住所・位置の表示について

作成日 平成21年5月17日
修正1 平成26年7月21日
 神社の所在地を表す方法として、住所表示と、緯度経度表示の二種類を使用してゐます。
 その理由と、緯度経度情報の利用について以下に記します。

住所表示について
 次の情報をもとに決定してゐます。複数の情報が得られる場合は、原則として先に掲げた方を優先してゐます。
  (1)当該神社が住所として公表してゐるもの、
  (2)神社庁が公表してゐるもの、
  (3)行政が宗教法人リストとして公表してゐるもの
  (4)地図上の位置から判読

 神社庁が公表してゐるものの中には、住居表示が変更されても、旧表示のままとなってゐいる場合があり、知らずにそのまま転記してゐるかもしれません。ご了解ください。 神社庁や行政の宗教方針リストは、ネット上で閲覧できる場合があり、大いに役立ちますが、すべての神社庁、行政で公表してゐるわけではありません。
 宗教法人となってゐない神社では文書によって確かめるすべのない場合があり、地図上の位置から判定してゐます。


緯度経度表示について
 地球上の位置は、緯度経度で表せます。
 国土地理院では、カラーの2万5千分1地図情報を試験公開してゐます。地図を閲覧するためには「地図の検索」のページからいくつかの方法で閲覧できます。 その中の一つに緯度・経度を指定することでその部分の地図を表示させられる方法があります。
 神社の所在地を緯度・経度で表してゐますのでそれをご利用ください。
 正確さについて 神社の本殿の位置を特定してゐますが、建物が特定できなかったりする場合があり、その結果、若干のずれがあるかもしれません。 また、秒単位までの表示なので、それによる誤差も生じます(約50m)。

国土地理院の「地理院地図」へのリンク http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4/

概ね平成26年4月までは下記サイトを利用してゐましたが、平成26年10月1日をめどにサイトを停止する予定とされてゐます。
 地図閲覧サービス(ウォッちず)へのリンク http://watchizu.gsi.go.jp/


  • 修正1(平成26年7月21日)  地図(ウォッちず)サービス停止により地理院地図へ案内変更

inserted by FC2 system